解体工事

解体の流れ

解体のご依頼をいただいた時から、解体が完了するまでの流れを【解体工事の一例】として、ご案内しております。ご参考にしてください。

現場調査

​1. 現地調査

ご連絡頂いた内容をもとに現地調査を行います。

解体作業環境・搬入搬出ルートを確認。

見積書と電卓

2. お見積り

解体工事にかかる費用・解体方法などをご説明致します。

契約書

3. 解体工事契約

解体工事請負契約(注文書請書)を必ず交わします。

書類とビジネスマン

4. 建物リサイクル法に基づく届書

建物リサイクル法とは、建物解体により生じた産業廃棄物の分別リサイクル(再資源化)を促進するために定められた法律で、解体する建物の延べ床面積が80平方メートルを超える場合は届出が義務付けられています。

近隣への挨拶

5. 近隣挨拶

解体工事現場近隣の方々にご挨拶ならびに解体工事概要・緊急連絡先などを近隣挨拶分配布と同時にご説明致します。

解体工事着工

6. 解体工事着工

解体工事期間中は現場の作業環境や状況により万全の対応を行います。

分別するそれぞれの処分場の委託契約を事前に完了し、マニフェストを作成します。

産業廃棄物の処理

7. 搬出

分別解体によって生じた産業廃棄物は、分別収集し搬出致します。

更地

8. 解体工事完了

整地後の現場を確認していただきます。

書類提出

9. 建物減失登記

当社提出の家屋取り壊し証明書を添付し、最寄の法務局もしくは司法書士にて建物消減失登記を依頼してください。